バストアップのための生活習慣

バスト7
バストアップのためにマッサージやストレッチなどに励んでいる人は多いと思いますが、実は生活習慣でもバストアップに大きく関係しています。

 

いくらストレッチなどで努力していたとしても、生活習慣が乱れていたら当然ですがバストアップの効果は出にくくなります。
まずバストアップに必要なのは女性ホルモンです。

 

この女性ホルモンのバランスが乱れてしまうのは良くありません。
女性ホルモンが分泌されることで乳腺の増殖を促す効果があるので、バストアップに繋がります。

 

ストレスやきちんとした睡眠をとらなければ女性ホルモンの分泌が不足し、バストアップだけではなく、健康面でも問題が起きてしまう場合があります。

 

睡眠はゴールデンタイムと言われている22時〜2時の間にきちんとした睡眠をとることで効果が高くなります。
きちんとした睡眠とストレスを溜めないことが大切なのですが、これらを改善するのはなかなか難しいことかもしれません。
また無理に生活環境を変えようとすると逆にそれがストレスになることもあるので無理は禁物です。

 

生活環境を変えるのが難しい方は大豆イソフラボンを摂取すると良いでしょう。
これは女性ホルモンに似た性質を持つので、補うことで同じ効果を得ることができます。

 

大豆食品はもちろん多くの大豆イソフラボンを含んでいますが、特に豆乳は良いとされています。
豆乳は独特のクセがありますが、紅茶やその他の食べ物に混ぜると摂取しやすくなります。

 

マッサージやストレッチも大切ですが、同時に生活環境の改善も大切になってきます。